看護師バイトでブランクを埋められる?

看護師に人気のイベントナース

各種イベントで待機するバイト看護師

看護師の仕事には、たくさんの種類があります。多くの方が病院で忙しそうに働く看護師を頭に思い浮かべることと思いますが、単発の仕事に就く看護師もいるのです。たとえばイベントで働く看護師バイトがいます。といっても、看護師がイベントに出演するわけではありません。
男性の准看護師、仕事が続かないと思ったら・・・

イベントには大勢のお客さんが訪れますが、その中には 途中で気分が悪くなったり怪我をする人があらわれます。 そんな時、医療関係者がいれば対応がスムーズになります。 そこで、看護師が何かあった時のために待機するわけです。

イベントに訪れて体調を崩す方というのは意外に多いのです。 暑い時期ですと熱中症の恐れもありますし、 長時間イベント会場で過ごすうちに気分が悪くなる人もいます。 イベントの主催者側も、看護師が待機してくれれば 素早い対応ができますから安心です。

こうした仕事は1日など単発の仕事になります。 単発の仕事を引き受ける看護師がいるのかと驚くかもしれませんが、 本業が休みの日に単発の仕事を入れる、いわゆるWワークをする 看護師もいるのです。

イベントの仕事をしたいなら、人材紹介会社に登録しておくと、 仕事を紹介してもらうことができます。 このような求人は突然発生することも多く、 急いで人を集めなければならない場合は登録してある看護師に 突然連絡が入ることもあります。

イベントの仕事はそれほどきつい仕事ではありませんし、 良いお小遣い稼ぎにはなるので好んで働く人もいます。 イベントにもいろいろな種類があり、有名なタレントや アーティストのライブ、コンサートもあります。

また少し変わったところでは、大学入試の際に 待機するお仕事もあります。 試験会場で体調を崩した受験生がいた時、 看護師が待機していてくれれば心強いでしょう。

もし当日に具合が悪くなる人がいなければ、 とくに仕事をする必要がないかもしれません。 もちろんそれでも決められた給与はもらえますので、 お得に感じられるかもしれませんね。

看護師が小児科に転職するケース

子供が好きだから小児科に転職したい人の為に情報を集めてみました。 小児科は激務だから嫌だという人も中にはいますが、やりがいを沢山感じることができます。

小児科は子供の全ての疾患に対応することになります。 その為、勉強するにはピッタリですし、色んな科目の知識を得られます。 子供の笑顔をみると嬉しくなりますし、患者さんから元気とやりがいを与えられることでしょう

一方で、患者さんとの意思疎通が困難である場合が多いので、それが苦に感じる人もいます。 子供は簡単に言うことを理解して聞いてくれるわけではなく、大人と違って理性が備わっていません。 薬を飲むだけでも一苦労ですし、点滴が取れてしまうことも日常茶飯事です。

処置の際には泣いて暴れる子供を押さえつける場面もありますし、治療がスムーズにいかないこともあります。 また、ベッドからの転落などのトラブルや点滴を子供が誤って抜いた場合の症状の悪化も看護師の責任になります。 小児科ならではのやりがいがある反面、難しさも沢山存在します。

小児科は患者さんである子供だけでなく、親への対応も大切な仕事の1つです。 これが嫌になって辞める人もいます。

親にとっては大切な我が子なので、何かあったらと思うと看護師に対して厳しくなるのも仕方のないことです。 親に対する対応もしっかり配慮しなくてはいけません。

小児科の特徴の1つに、緊急入院の多さが挙げられます。 その為、スケジュール通りの仕事がなかなか難しく、寝かしつけたり、食事のサポートをしたりと慌ただしく1日が過ぎていきます。

インフルエンザの時期になると患者さんが多く訪れますし、予防接種で混雑することになります。 インフルエンザ以外にも沢山の予防接種があるので、最初は覚えるのに苦労する人もいます。

子供が好きだという気持ち1つでは乗り越えられないこともあるでしょう。 しかし、それ以上にやりがいのある仕事なので、転職する価値は十分にあると言えます。

実際の現場の状況が知りたい人は転職エージェントを利用して、情報を集めることをオススメします。

内科に転職!メリットとデメリットとは

内科への転職を検討している人に向けて、内科の特徴を紹介したいと思います。 まず、内科と聞くと一般内科が真っ先に思い浮かぶかと思います。 内科はそれだけではなく、細かく言えば循環器、呼吸器、消化器、脳神経、血液などの専門の診療科に分けることができます。

一般内科はこれらの専門の診療科に該当しない頭痛や腹痛などの患者さんを診察するところです。 原因がわからない症状の場合はまずは一般内科で診察を受けることになっています。

また、病院とクリニックでも内科での機能に違いがあります。

総合病院は中~高度な医療が必要な患者さんを処置し、クリニックや診療科などの小規模なところは風邪などの軽度な疾患を対象にしています。 高血圧などの生活習慣病や認知症も一般内科で対応することになります。

次に、内科のメリットとデメリットを紹介します。 まず、看護師としてのスキルを向上させることができます。 慢性疾患のある高齢の患者さんが多く訪れるので、その患者さんやご家族の方と接する機会が頻繁にあります。

なので、患者さんの些細な変化を見逃さないスキルなどが必要になり、総合的な看護力が試されます。 外科よりも患者さんに寄り添った看護ができるので、やりがいも感じられるかと思います。

一方で、手術関連や処置などのスキルアップが見込めないことや、治療の過程や結果が見えにくいというデメリットがあります。 外科よりも処置などの回数が激減するので、看護師としてこれ以上スキルを向上させることができるのかと不安を抱える人もいるようです。

しかし、内科にしかないやりがいもありますし、ベテランになるほど内科のほうが奥が深いし難しいという人もいるので、個人によって捉え方に差があるという印象です。

外科よりも内科のほうが楽だと思われがちですが、病院によっては残業もあり、外科よりもハードな場合もあります。 一般内科なのか、循環器などの専門内科なのかによっても仕事内容が異なってくるので、これらも考慮する必要があるでしょう。

仕事内容が気になる方は転職エージェントを利用して、自分に合った職場を探してはいかがでしょうか。